医療問題と民間の医学

医療問題と民間の医学

当サイトは、主に二つのコンテンツで成り立っています。一つは、日本の医療問題を考察するコラム、もう一つは筆者自身や家族・知人などが実際に経験した病気に関する体験談です。

日本の医療は、様々な問題を抱えており、制度疲弊しています。少子高齢化を原因とする医療費の増大、産科や小児科などの医師不足、医学部の偏った学習による医師の診断能力の欠如・・・などと欠陥は山積みです。にも関わらず、医学界には様々な巨大利権が複雑に絡み合っており、問題が中々改善されない状態です。

そもそも、監督官庁である厚生労働省の官僚達が、そんな医療利権にどっぷり漬かっているのですから、問題が解決しないのも当然です。

しかし細部に目を向けると、医療問題の解決に向けて努力・改善を続けている医師や病院、地方自治体も存在しています。日本人は勤勉で正義感が強い民族性ですから、改善の努力を続ける人達が居ることが知れ渡れば、多くの問題が改善される方向へと進んでいくはずです。

当サイトの問題提起が、日本の医療の改善に少しでも協力できれば幸いです。

脳ドックは必要ない? 
ジェネリック薬が普及しない理由 
インフルエンザワクチンは副作用のリスクの方が大きい 
血液サラサラは無意味
医学博士に権威や価値はない! 
医師免許に更新制度が無い問題 
国民皆保険制度と問題点
世界のジェネリック薬普及率
など


もう一つのコンテンツである、病気の体験談については、現代医学の限界について知って貰う意味合いがあります。

現在、世界の最先端と言われるような治療法でも、その多くが実は人間の自己治癒能力に依存しており、特に薬に関しては、大半が単なる偶然の産物として生まれています。従って、必ず治るとか、万人に共通する治療薬・治療法というのは、基本的に存在しないのです。

こう言うと絶望のように聞こえますが、現実問題として、治療法の有効性は千差万別、人によって全く異なるのです。医者に行けば、病気や怪我が改善するとも限らず、下手すると悪化したり、別の副作用に悩まされる恐れすらあります。

この「治療法の有効性は人によって異なる」という問題は、根本的に解決するのは難しいですが、「私のケースではこうだったよ」というクチコミ的な情報は、意外と役に立ちます。

一般的に1ヶ月で改善すると言われている病状だが、私は2ヶ月位かかったけど治ったよ、と言われれば、中々治らずに悩んでいる人の励みになるはずです。実際に私も、線維筋痛症と思わしき謎の神経痛に悩まされた時期がありましたが、インターネット上の色んな人達の体験談に、助けられ・勇気づけられた経験があります。

なので、あくまで「私はこうだったよ」という脚注が付きますが、自分や周りの人達が経験した、レアな病状とその経過、どんな薬や治療法が効いたか、という体験談を記していこうと思います。

同じような症状に悩んでいる人達の助けになれば幸いです。

謎の神経痛克服記 脳出血から生還した男の体験談 

【免責事項】
・当サイトで紹介する医療問題については、可能な限り、発言者や出典元を記載し、エビデンスのある情報にするよう勤めています。しかし、各情報の信憑性を保証するものではありませんし、当サイトでは一切の責任を負いません。
・病気の体験談については、あくまで1個人の体験に基づくことです。同じような病状でも、当サイトで紹介する薬や治療法が、皆さんにも効果的かどうかは分かりません。真似されたとしても、皆さんに対して責任は一切負えませんので、ご了承下さい。あくまで参考情報と考え頂き、治療は必ず医師に相談した上で行って下さい。

 

Copyright (C) 2015 medjp. All Rights Reserved.