Product Name
日本高级胃药 Nexium 埃索美拉唑胶囊 Esomeprazole 20mg 100粒 胃溃疡 胃反流 十二指肠溃疡 逆流性食管炎
Price
¥963.05
18,700日元
Quantity

Product Details

Japanese Product Nameネキシウムカプセル20mg 100カプセル(10カプセル×10シート)
Manufacturerアストラゼネカ 株式会社(阿斯利康)
Sellerアストラゼネカ 株式会社(阿斯利康)
GS114987650706106
Strong Medication已排除
Component Code2329029
Volume-
Shipping Method日本直邮:邮政EMS
Purchase Limit1000
Payment Method-
Preparation to Shipping Time确认付款后,一般 5~10 个营业日左右可以发货。
Caution
-
Product Features
胃酸分泌の最終過程であるプロトンポンプに作用し、胃酸分泌を抑制します。 通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症、Zollinger-Ellison症候群の治療、非ステロイド性抗炎症薬・低用量アスピリン投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。また、胃酸分泌を抑制し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めることから、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃マルトリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリの除菌療法に、他の2種の抗菌剤と一緒に用いられます。

中文翻译:

作用于胃酸分泌最后过程的质子泵,抑制胃酸分泌。 通常,应用于胃溃疡,吻合口溃疡,十二指肠溃疡,反流性食管炎,非糜烂性胃食管反流病,Zollinger-Ellison综合症,非类固醇性抗炎药・低用量阿司匹林投药时抑制胃溃疡和十二指肠溃疡的再复发。 另外抑制胃酸分泌提高胃内PH值,提高抗菌药的抗菌作用,内镜治疗胃溃疡,十二指肠溃疡,胃麦芽淋巴瘤,特发性血小板减少性紫癜,早期胃癌后胃内幽门螺杆菌的根除治疗时,需要和其他2种抗菌药一同使用。
Specifications
100粒
Shape
胶囊
Component Description
1カプセル中:エソメプラゾール20mg(エソメプラゾールマグネシウム水和物として22.3mg) 添加物:モノステアリン酸グリセリン、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、ステアリン酸マグネシウム、メタクリル酸コポリマーLD、ポリソルベート80、白糖・デンプン球状顆粒、タルク、クエン酸トリエチル、青色1号、赤色102号

中文翻译:

1粒中:埃索美拉唑20mg(埃索美拉唑镁水合物22.3mg) 添加物:单硬脂酸甘油酯,羟丙基纤维素,羟丙甲纤维素,硬脂酸镁,甲基丙烯酸共聚物LD,聚山梨酯80,白糖/淀粉球形颗粒,滑石粉,柠檬酸三乙酯,蓝色1号,红色102号
Indications
○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制、低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制 ○下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

中文翻译:

○胃溃疡,吻合口溃疡,十二指肠溃疡,反流性食管炎,非糜烂性胃食管反流病,Zollinger-Ellison综合症,非类固醇性抗炎药・低用量阿司匹林投药时抑制胃溃疡和十二指肠溃疡的再复发。 ○以下情况的幽门螺杆菌除菌 内镜治疗胃溃疡,十二指肠溃疡,胃MALT淋巴瘤,特发性血小板减少性紫癜,早期胃癌后胃溃疡,幽门螺杆菌感染性胃炎
Usage and Dosage
○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群 成人 通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。 なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする。 小児 通常、体重20kg以上の幼児及び小児にはエソメプラゾールとして、症状に応じて1回10~20mgを1日1回経口投与する。なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする。 ○逆流性食道炎 成人 通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。 なお、通常、8週間までの投与とする。 さらに再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1回10~20mgを1日1回経口投与する。 小児 通常、体重20kg以上の幼児及び小児にはエソメプラゾールとして、症状に応じて1回10~20mgを1日1回経口投与する。なお、通常、8週間までの投与とする。 ○非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制 通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。 ○低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。 ○ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助 通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる。ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする。 プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。

中文翻译:

○胃溃疡,十二指肠溃疡,吻合口溃疡,Zollinger-Ellison综合症 成人: 通常成人筑成人1回20mg1日1回口服。另外,通常胃溃疡,吻合口溃疡,投药8周为止,十二指肠溃疡6周为止。 儿童: 通常,体重20kg以上婴幼儿童主成分根据症状1回10~20mg1日1回口服。另外,通常胃溃疡,吻合口溃疡,投药8周为止,十二指肠溃疡6周为止。 ○反流性食管炎 成人: 通常,成人主成分1回20mg1日1回口服。通常投药8周为止。 另外,反复复发的反流性食管炎的维持治疗1回10~20mg1日1回口服。 儿童:通常,体重20kg以上婴幼儿童主成分根据症状1回10~20mg1日1回口服。通常投药8周为止。 ○当使用非类固醇抗炎药时,抑制胃或十二指肠溃疡的复发 通常,成人主成分1回20mg1日1回口服。 ○当使用低剂量阿司匹林时抑制胃或十二指肠溃疡的复发 通常,成人主成分1回20mg1日1回口服。 ○协助根除幽门螺杆菌 通常,成人埃索美拉唑1回20mg,阿莫西林水合物1回750mg以及克拉霉素1回200mg3种药剂1日2回,投药7日。另外,克拉霉素可以根据需要适当增量。但是上限为1回400mg1日2回。 质子泵抑制剂,阿莫西林水合物和克拉霉素3种药剂投药幽门螺杆菌除菌不成功的情况,取代治疗法成人埃索美拉唑1回20mg,阿莫西林水合物1回750mg和甲硝唑1回250mg3种药剂1日2回,投药7日
Precautions
1.治療にあたっては、経過を十分に観察し、病状に応じ治療上必要最小限の使用にとどめること。また、血液像、肝機能、腎機能等に注意すること。 2.逆流性食道炎の維持療法については、再発・再燃を繰り返す患者に対し投与することとし、本来維持療法の必要のない患者に投与することのないよう留意すること。また、維持療法中は定期的に内視鏡検査を実施するなど観察を十分に行うことが望ましい。なお、次の事項に十分注意すること。 (1)再発の既往歴、症状の程度等を考慮して維持療法の用量を選択すること。 (2)寛解状態が良好に保たれていると判断された場合は休薬又は減量を考慮すること。 (3)1日10mgの維持療法で再発が認められた場合は1日20mgで再治療を行うこと。ただし、1日20mgの維持療法で再発が認められた場合、あるいは予期せぬ体重減少、吐血、嚥下障害等の症状が認められた場合は、改めて内視鏡検査等を行い、その結果に基づいて他の適切な治療法に切り替えることを考慮すること。 (4)定期的に血液像、肝機能、腎機能等の検査を行うことが望ましい。 3.非びらん性胃食道逆流症患者の治療を目的として本剤を投与する場合は、次の事項に十分注意すること。 (1)投与に際しては問診により胸やけ、胃液逆流感等の酸逆流症状が繰り返し見られること(1週間あたり2日以上)を確認の上投与すること。なお、本剤の投与が胃癌、食道癌等の悪性腫瘍及び他の消化器疾患による症状を隠蔽することがあるので、内視鏡検査等によりこれらの疾患でないことを確認すること。 (2)非びらん性胃食道逆流症の治療については、投与開始2週後を目安として効果を確認し、症状の改善傾向が認められない場合には、酸逆流以外の原因が考えられるため他の適切な治療への変更を考慮すること。 4.本剤をヘリコバクター・ピロリの除菌の補助に用いる際には、除菌治療に用いられる他の薬剤の添付文書に記載されている禁忌、慎重投与、重大な副作用等の使用上の注意を必ず確認すること。 その他副作用の報告等がありますので、商品に同封しております添付文書をご覧ください。

中文翻译:

1.治疗时,充分观察经过,根据病情控制使用必要的最小量。注意血像,肝功能,肾功能等。 2.返流性食管炎的维持疗法:针对反复复发患者,主要不要给不需要本来的维持疗法的患者使用。维持疗法期间注意定期进行内视镜检查等为佳。另外,充分注意以下情况。 (1)考虑复发的过往史,症状的成都等决定维持疗法的用量。 (2)保持良好的缓解状态的患者可以考虑休药或者减量。 (3)1日10mg的维持疗法发现复发的情况,可以1日20mg重新治疗。但是,1日20mg维持疗法确认复发的情况,或者没有预期发生体重减少,吐血,吞咽困难等症状的情况,需进行内视镜检查,根据结果切换其他合适的治疗法。 (4)定期进行血像,肝功能,肾功能检查。 3.非侵蚀性胃食管反流病患者以治疗为目的使用本药剂,需充分注意以下事项。 (1)开药时根据问诊确诊发现反复发生胸灼热,胃反流等症状(1周2日以上)可使用。另外,本药剂的使用可能会遮盖胃癌,食道癌等恶性肿瘤以及消化器官疾病引起的症状,注意通过内视镜检查确认不是此类疾病。 (2)非侵蚀性胃食管反流病的治疗,投药2周后确认效果,症状没有改善倾向的情况,可以认为是酸回流以外的原研,可考虑更改其他合适的治疗方法。 4.本药剂作为辅助幽门螺杆菌除菌的情况,注意确认除菌治疗使用的其他药剂的说明书中记载的禁忌,慎用,重大副作用等使用上的注意事项。 其他副作用请参考说明书。
Contraindications
请详细参考说明书。
Product Reviews
-

Home

Categories

FAQ

Sign In