医療問題と民間の医学

医学博士に権威や価値はない!

医学博士という言葉をご存知でしょうか?その名称から、ものすごく優秀な医者であるかのように思われるかもしれませんが、実際には医学博士には権威や価値はありません。その理由は、医学博士は世間の人が思うイメージより遥かに簡単になれてしまうからです。

※昔は医学博士は正式名称だったのですが、1991年より「博士(医学)」と表記するように改められました。しかし、これでは素人には分かりにくい(威厳を発揮しにくい)ため、今でも医学博士と名乗っている人は多いです。ゆえに、ここでも名称は医学博士で統一します。

医学博士に権威や価値が無い理由の一つが、医師免許が必須ではない、つまり医者でなくてもなれる、という点です。医学博士を取得するには、医学部の大学院に入る(課程博士)、もしくは医学部の大学院に論文を提出して認められる(論文博士)という二つの方法がありますが、どちらのルートでも医師免許を持っている必要はありません。テレビに登場してさも偉そうに医療問題について解説している医学博士も、実は医者ではない可能性もあるのです。

論文が認められるだけで博士号が取得出来るというのは、世界でも日本以外には類を見ない制度のようです。この事だけでも、日本での博士号に権威や価値がない事が明白ですね。

そして、論文の内容についても、医学博士はその審査が甘い傾向にあるといわれています。博士号を取得するには、これまで世に知られていなかった新たな知見を発表しなければなりません。しかし、物理学や数学・地学など、大半の学問では新たな発見をする事は困難なので、オリジナルな論文を書く事は難しいです。

その点、医療分野はまだまだ未知なる部分が多いので、新しい切り口で論文を書きやすいという事情があるのです。中にはオリジナルという点を強調するあまり、実現性のないトンデモ理論で論文を書く人も居るようです。

価値がなくても医学博士を求める者が多い理由

医学博士に実質的な権威や価値はないとはいえ、大学で教授などの高い地位につくためには、未だに博士号を取得している事を条件にしているところも少なくありません。この事が、医学博士の称号が実質的に意味のないものであっても、志望者が絶えない理由です。

そして、教授は自分の研究を手伝う人員を欲しています。こうした両者の思惑から、教授は博士号を取らせるという名目で大学院生を手伝わせて、その研究成果を論文にするという流れが形成されているのです。つまり、大学院に入りさえすれば、かなりの高確率で医学博士になれるという構造になっているのです。

ちなみに、漫画の神様とも呼ばれる手塚治虫氏も、大阪帝国大学附属医学専門部を卒業して医学博士を取得しています。また、日本人女性初の宇宙飛行士である向井千秋さんも、慶應義塾大学医学部を卒業した医学博士です。もちろん、彼らは相応の努力をしたからこそ医学博士になれたのですが、人生の全てを医学に費やさなくても、医学博士にはなれるという事です。

なお、博士号に権威や価値が無いのは、何も医学博士だけに限った事ではありません。2014年にSTAP細胞の存在を発表し、一躍時の人となった小保方晴子氏も、早稲田大学の工学博士でした。しかし、彼女はSTAP細胞の研究のみならず、博士を取得した際の博士論文でも、別の論文の盗用や画像の使い回しなどが指摘されています。こんな論文を提出した小保方氏でも博士になれたのですから、如何にその選定がいい加減で無意味なのかは明らかですね。

世の中の博士号が、全てこのような杜撰な決め方では無いと信じたいです。ですが小保方氏の事件が、博士号に権威や価値が無いと知らしめたのは、日本の大学が長年蓄積してきた博士問題を表面化させた点では、意味のある事件でした。

 

Copyright (C) 2015 medjp. All Rights Reserved.